FANDOM


ラブプラス』 (Loveplus) とは2009年9月3日コナミからニンテンドーDS向けに発売されたゲームである。

キャッチコピーは「ラブプラスは現実」。

概要 編集

最近の子供の名前に多くみられる読みづらい名前や、常識的に考えがたい言葉を戸籍上の名前にしたいわゆるDQNネームの氾濫防止のために、コナミが持てる技術をすべて駆使して作り上げた。 5000以上のスクリプト、150以上のイベントCG、同社PS2用ソフトと同等の25000以上のボイスなどニンテンドーDS用ソフトの常識を超えている作りこみでDQNネームを駆逐する。 いかにしてこの世に蔓延ろうとしているDQNネームを駆逐するかというと、このラブプラスをプレイするためにはユーザー登録を必須のものとしてるのだ。 そして登録された個人名を何とボイス付きで呼んでくる。 そう、ラブプラスに認識されなかった名前の人は「アナタ」や「ご主人様」で泣く泣く我慢するハメになるのだ。
ラブプラスによって日本は平和への道を歩みだした。